Sonos Move

概要

概要

Overview Image

Sonos Moveは、屋内でも屋外でも使える耐久性の高いバッテリー式のスマートスピーカーです。

  • 充電可能なバッテリーは最長10時間再生。充電ベースにSonos Moveを置くだけで簡単に充電。充電コードやプラグは必要なし。外出時の充電には、互換性のあるUSB-C充電器(別売)を使用してください。
  • 耐候性設計でバーベキューやプールサイドなどに最適。
  • コンテンツをWiFiやBluetooth®でストリーミング再生。
  • 操作には、Sonos S2またはSonos S1アプリ、スピーカーのタッチ操作音声を使用できます。
  • 他のSonosスピーカーと互換性があり、複数の部屋で音楽を聴くことが可能。
  • お使いのSonosシステムにSonos Moveを追加する準備ができたら、設定をご覧ください。

操作とランプ

音量操作

  • 音量アップ(右)
  • 音量ダウン(左)

長押しすると音量をすばやく変更できます。
:Sonosアプリや音声操作でも音量を調節できます。

再生/一時停止

  • 1回押すと音楽の再生/一時停止を切り替えます。
  • 長押しすると、別の部屋で再生中の音楽を追加できます。

次の曲へ/前の曲へ

  • 右方向にスワイプすると次の曲へスキップします。
  • 前の曲に戻るには、左方向にスワイプします。

:ラジオの場合は、スキップしたり戻ったりすることはできません。

マイク

タップしてマイクのオン/オフを切り替えます。

  • マイクのランプがオンになっていると、Trueplay自動チューニングなどマイクを使用する機能や音声操作を使用できます。
  • マイクのランプがオフになっていると、Trueplay自動チューニングなどマイクを使用する機能や音声操作を使用できません。

:音声サービスをインストールしている場合は、マイクがオフになっていても音声コマンドを使用できます。を長押ししてください。はじめに起動用キーワードを使う必要はありません。マイクボタンを離すと、音声操作はオフになります。

ステータスランプ

WiFiやBluetooth接続の状態、ミュート、エラーを示します。詳細はこちら

バッテリーランプ

バッテリー残量を表示します:

  • バッテリー残量が少ないと、オレンジ色に点滅します。
  • 充電が開始されると、オレンジ色に点灯します。バッテリー残量により、ランプが数分間点灯したままになる場合があります。ランプが消えてもバッテリーは充電を続けます。

バッテリーセーバー:Sonos Moveをスリープにする代わりに電源が自動的に切れるように設定すると、バッテリーを節約できます。[] > [システム]でSonos Moveを選択します。再起動されるまで製品はSonosアプリに表示されません。

:Sonos Moveのバッテリー残量は、Sonosアプリでいつでも確認できます。


:スピーカーのタッチ操作で再生や音量調節をできないようにしたい場合は、部屋の設定でタッチ操作を無効にできます。

コネクターパネル

1

電源ボタン

押すと電源がオンに、短く押すとスリープモードに、長押し(5秒間)すると電源がオフになります。
Sonos Moveが充電ベースに置かれていない場合、バッテリー節約のため、使用していない時はスリープモードになります。スリープモードを解除するには電源ボタンを押してください。

2

接続ボタン

設定中に押すとSonosシステムに接続します。

3

ハンドル

スピーカーの持ち運びに便利です。

4

Bluetooth/WiFi切り替えボタン

BluetoothとWiFiを切り替えます。設定の際はWiFiを使用してください。コンテンツのストリーミングにはWiFiもしくはBluetooth®を利用できます。

5

USB-Cポート

外出時の充電には、互換性のあるUSB-C充電器を使用してください。

  • USBポートは診断目的にも使用できます。(音楽ファイルなどの大きなデータファイルは再生できません)

:USB-Cケーブルは同梱されていません。

6

充電ドック(付属)

Sonos Moveを充電ベースに置くだけで簡単に充電。充電コードは必要ありません。

設置する場所を決める

スピーカーは設置場所を選びません。ただし、スピーカーの性能が最大限に発揮されるよう、いくつかのガイドラインを設けています。

  • 設置場所が壁のすぐ横でも、棚の上でも、Sonos Moveは素晴らしいサウンドを再生します。最適なサウンドのためには、スピーカーの後ろを2.5 cm以上空けてください。
  • Alpineの耐久性は極めて高く、頑丈な外装とIP56規格により、Sonos Moveは落下や衝撃、湿気、埃、紫外線、極度の寒暖に耐える設計となっています。ただし激しい雨には長時間晒さないでください。また、付属の充電ベースは室内専用です。
  • マイクがオンになっている場合、オートマティックTrueplay™により、聴いている場所やコンテンツを問わず素晴らしいサウンドを再生するようにサウンドが自動調整されます。
  • Sonos Moveを逆さまで使用あるいは保管しないでください。

Bluetoothでのペアリング

  1. デバイスの設定でBluetoothをオンにします。
  2. Bluetoothに切り替えるには、Sonos Moveの背面にあるモードボタンを押します。
  3. Bluetoothで利用できるデバイスのリストからSonos Moveを選択します。リストにない場合は、モードボタンを長押しし、Sonos Moveが検知されたら選択します。デバイスがSonos Moveとペアリングされると確認音が鳴ります。Sonos MoveをBluetoothモードに切り替えると、次回からはデバイスがSonos Moveに自動的に接続されます。

モードの切り替え

Sonos MoveをWiFiに設定してから、背面にあるモード切り替えボタンでBluetoothとWiFiを切り替えます。Bluetoothを初めて使うときは、Sonos Moveとお持ちのデバイスをペアリングしてください。Bluetoothモードにすると、次回以降はモバイル機器が自動的に接続されます。

充電

充電ベース

Sonos Moveを充電ベースに置くだけで簡単に充電。追加の充電コードは必要ありません。

スピーカーがチャージベースに正しく置かれ、接触部が触れ合っていることを確認してください。

充電ベースは屋内でのみ使用してください。水に濡れないようにご注意ください。

ヒント:Sonos Moveのバッテリー残量はSonosアプリでいつでも確認できます。

USB-Cポート

外出時の充電に。

互換性のあるUSB-C充電器(Type C PD、45W、20V/2.25A)を使用してください。

マイクのオン/オフ

マイクは、音声操作やTrueplayチューニングなどのマイクを必要とする機能に使用されます。を押して、マイクのオン/オフを切り替えます。音声アシスタントがオンになっていると、マイクのLEDランプが光ります。

マイクのランプがついているとき

  • 音声サービスが設定されている場合、音声操作はオンになっており、使用が可能です。
  • Trueplayなどのマイクを使用する機能が利用可能です。 are available.

マイクのランプが消えているとき

  • 音声サービスが設定されている場合、音声操作はオフになっています。
  • Trueplayなどのマイクを使用する機能は利用できません。

音声サービス

音声操作対応Sonos製品では、コンテンツの再生や操作、音量の調節などのSonosシステムの操作を音声で行うことができます。

  • Sonos Voice Control:プライバシーを保護しながらハンズフリーで簡単にSonosシステム全体を操作。スピーカーを設定する際に簡単に追加するだけで、Sonos Voice Controlの利用を開始できます。詳細はこちら
  • Amazon Alexa:Sonosアプリと、Sonosスキルを有効にしたAlexaアプリが必要です。設定の際に、両方のアプリで変更が必要になります。詳細はこちら
  • Google アシスタント:Sonosアプリと、Google アシスタントアプリが必要です。設定の際に、両方のアプリで変更が必要になります。詳細はこちら
  • Siri:Apple Homeアプリが必要です。AirPlay 2対応SonosスピーカーをApple Homeアプリに追加し、iPhone、iPad、またはApple TVを使用してSiriに音楽の再生をリクエストします(現在のところApple Musicでのみ使用できます)。詳細はこちら

:音声操作に対応していない国や地域があります。この機能は、お住まいの地域でSonosが音声サービスに対応次第、ご利用いただけます。

Trueplay™

部屋の特徴はそれぞれ異なります。Trueplayチューニングは、部屋の壁、家具、その他の面からの音の反射を測定し、Sonosスピーカーを微調整するため、設置場所にかかわらず優れた音質を楽しめます。

TrueplayはiOS 8以降のiOSモバイル機器に対応しています。チューニング中は、モバイル機器を持って部屋の中を移動してください。

  1. [] > [システム]を選択して、チューニングする部屋を選びます。
  2. [Trueplayチューニング]を選択して開始します。

:iOSデバイスのVoiceOverが有効になっていると、Trueplayチューニングは利用できません。スピーカーをチューニングする前に、デバイスの設定でVoiceOverをオフにしてください。

Trueplay自動チューニング

Sonos RoamやMoveのようなポータブルSonos製品は、自動的にチューニングを行います。Trueplay自動チューニングは、スピーカーのマイクを使用して周辺環境を検知し、定期的にチューニングを調整します。これにより、スピーカーの設置場所や聴いているコンテンツにかかわらず、最高のサウンドを楽しめます。

[] > [システム]に移動し、オートマティックTrueplayをオンにするポータブルスピーカーを選択します。

ステレオペアを設定する

ひとつの部屋で2台のスピーカーを同期してステレオペアにすると、より深みのあるサウンドが楽しめます。片方のスピーカーが左チャンネル、もう片方のスピーカーが右チャンネルになります。

:ステレオペアに使用するSonosのスピーカーは、両方とも同じ機種である必要があります。

  1. それぞれのスピーカーは約2.5 m~3 m離して設置します。スピーカーから約2.5 m~3.5 m離れて聴くのが最適です。スピーカーに近付きすぎると低音が増幅し、離れるとステレオ効果が向上します。
  2. []> [システム]に移動します。
  3. ステレオペアを作成するスピーカーのうち1台を選択し、[ステレオペアを設定する]を選択します。詳細はこちら

製品の設定

周辺環境に合わせてSonos製品をカスタマイズできます。[] > [システム]で製品を選択します。

部屋の名前

スピーカーを別の部屋に移動した場合などは、[設定]で部屋の名前を変更できます。

WiFiをオフにする

(ポータブル製品以外)

イーサネットケーブルを使ってネットワークに接続している場合は、スピーカーのWiFiをオフにできます。オフにすると電力消費を節約できるだけでなく、有線接続されたスピーカーの接続性が向上することもあります。
Sonos AmpやPortなどの製品をラックの中や重ねて設置している場合、WiFiをオフにすることでコンポーネント内部の温度が下がります。詳細はこちら

イコライザー

Sonos製品は、イコライゼーションがあらかじめ設定された状態で出荷されます。サウンド設定(低音、高音、バランス、ラウドネス)はお好みに応じていつでも変更できます。詳細はこちら

Trueplay

Trueplayは、周辺環境とコンテンツに合わせてサウンドを調整します。ポータブル製品は、自動的にチューニングを行います。詳細はこちら

音量制限

各部屋の最大音量を設定できます。詳細はこちら

ステータスランプ

WiFi接続の状態、ミュート、エラーを示します。詳細はこちら

:ランプが邪魔な場合は、[設定]でオフにできます。

タッチ操作

スピーカーのタッチ操作を無効にできます。この設定により、お子様やペットが音量の変更や再生を誤って行うことがないようにできます。詳細はこちら

バッテリーセーバー

(ポータブル製品)

スリープにする代わりに電源が自動的に切れるように設定すると、ポータブル製品のバッテリーを節約できます。再起動されるまで製品はSonosアプリに表示されません。

ライン入力

(ライン入力対応の製品)

ターンテーブルやステレオなどのオーディオ機器を、Sonos Amp、Sonos Port、もしくはSonos Fiveに接続します。[参照] > [ライン入力]をタップし、ソースデバイスを選択して再生を開始します。
ソース名、音量、自動再生などのライン入力設定を変更できます。

仕様

項目説明

オーディオ

アンプ

クラスDデジタルアンプ 2台

ツイーター

1つのツイーターが鮮明で正確な高音域を生み出します。

ミッドウーファー

1つのミッドウーファーが中音域のボーカル周波数帯を忠実に再現し、深みのあるリッチな低音も追加します。

マイク

  • 遠距離対応マイクロホンアレイ。
  • プライバシー保護強化のためにLEDが音声マイクと有線接続されており、マイクがオンになっているかどうかがすぐにわかります。

音声

統合された音声コントロール。

ネットワーク*

ワイヤレス接続

802.11a/b/g/n 2.4または5 GHzブロードキャスト対応ルーターでWiFiネットワークに接続します。

一般

電源

充電ベース:100-240VAC、~50/60Hz、1.2A。出力:18.0VDC、2.5A、45.0W
USBポート:USB-C PD、45W、20V/2.25A

バッテリーパック

容量:2420-2500maH

交換:詳細はSonosのウェブサイトをご覧ください。

処分方法:お住まいの地域における正しい処分方法は、地域のごみ・リサイクル業者までご確認ください。

寸法(高さ x 幅 x 奥行き)

240 x 160 x 126 mm

重量

3.0 kg(バッテリーを含む)

動作温度

32°113°F(0°45°C)

保管温度

-13°158°F(-25°70°C)

防湿設計

Sonos Moveは防水・防塵規格IP56を満たしています。雨の中に置いたままにしないでください。

:Sonos Moveの付属充電ベースは室内専用です。

製品仕上げ

ブラック(ブラックグリル)、

ホワイト(ホワイトグリル)

パッケージ内容

Sonos Move、充電ベース、クイックスタートガイド。

* 仕様は予告なしに変更される場合があります。

安全上の重要な情報

注意:バッテリーが正しく交換されないと、爆発の危険があります。交換には同等のタイプのみ使用してください。

  1. 以下の注意事項をお読みください。
  2. これらの情報は保管してください。
  3. すべての警告に従ってください。
  4. すべての指示に従ってください。
  5. 乾燥したやわらかい布で拭いてお手入れしてください。家庭用洗剤や溶剤はSonos製品の仕上げに傷を付ける可能性があります。
    Sonos Move、One、One SLなど、底面にゴム製のリングが付いているSonos製品は、ポリウレタン素材の表面に跡がつくことがあります。この跡は、濡らした布で簡単に拭き取ることが可能です。
  6. 通気口が塞がれないようにしてください。メーカーの取扱説明書に従って設置してください。
  7. ラジエーター、ヒートレジスター、ストーブなど、熱を発する機器の近くに製品を設置しないでください。
  8. 直射日光や火元など、高温に晒される場所でバッテリーを使用しないでください。
  9. 電源ケーブル(特にプラグ部やコンセント、機器に接続している部分など)が踏まれたり、ねじれたりすることがないように保護してください。
  10. メーカーが指定した付属品やアクセサリーのみを使用してください。
  11. 雷が近づいている時や長期間使用しない場合は、機器の電源コードを抜いてください。
  12. すべての修理に関してはSonos認定サービス担当者までお問い合わせください。電源ケーブルまたはプラグが破損した、液体や異物が通気口へ侵入した、大雨や湿気にさらされた、機器が正常に機能しない、落下したなど、いかなる理由でも機器に損害があった場合には、修理が必要となります。
  13. 電源ケーブルは、万一の場合にすぐに抜けるように、手の届きやすい場所に挿し込んでください。

警告:Sonos Moveは防水規格IP56を満たしています。火災や電気ショックを防ぐため、機器を激しい雨に晒さないようにしてください。