シンフォニスク発売を記念して、SONOS製品を会員様限定特別セールを開催中

Sonos Beamの設定

Sonos Beamでテレビや音楽サービスのオーディオを再生するには、パソコン、タブレット、またはモバイル機器のSonosアプリを使用してBeamを設定する必要があります。Sonosアプリを使用してBeamを設定しない場合、オーディオは再生されません。下記の手順に従ってBeamを設定します。

  1. 設定に使用するデバイスにSonosコントローラーアプリをダウンロードします。
  2. 設置したい場所にBeamを置き、電源コードを接続します。
  3. 付属のHDMIケーブルをBeamに接続し、反対側をテレビのHDMI-ARCポートに接続します。

    お持ちのテレビにHDMI-ARCポートがない場合は、同梱の光オーディオアダプターを使用して、テレビの光デジタルオーディオ出力に接続することができます。
  4. デバイスでSonosアプリを開き、画面の指示に従います。
すでにSonosシステムをお持ちの場合は、[詳細]タブから[スピーカーを追加]をタップします。

HDMI-ARCとは何ですか?
Sonos BeamはテレビのHDMI-ARCポートに接続します。通常、テレビのHDMIポートは2~4種類あり、そのうちの1つがARCと表示されています。ARCはAudio Return Channel(オーディオ・リターン・チャンネル)の略です。HDMI-ARCポートはオーディオや画像を同期し、テレビのリモコンとSonos Beamを自動的にペアリングします。お持ちのテレビにHDMI-ARCポートがあるかどうかわからない場合は、テレビの仕様書をご確認ください。

製造から5年以上経過したテレビには、HDMI ARCポートはありません。この場合は同梱の光オーディオアダプターを使用してSonos Beamをテレビの光ポートへ接続してください。光アダプターを使用してBeamを接続している場合にはAmazon Alexaによるテレビの音声コマンドは利用できませんのでご注意ください。

Alexaでテレビを操作する (利用可能な場合)
対応モデルのテレビであれば、Beamで「テレビをつけて」、「テレビを消して」などテレビ用のコマンドを利用できます。また、「もっと大きく」、「ミュートにして」などテレビの音量についてのコマンドにも応えます。

これらのコマンドを使用するには、BeamをテレビのHDMI-ARC入力に接続し、テレビのHDMI-CEC機能を有効にする必要があります。HDMI-CECは、メーカーにより以下の名称で呼ばれることがあります。

  • Samsung: Anynet+
  • LG:SimpLink
  • Sony: ブラビアリンク
  • Phillips: EasyLink
  • Panasonic: ビエラリンク
  • 日立: HDMI-CEC

Beamが光アダプターで接続されている場合は、Amazon Alexaでのテレビの音声操作(アレクサ、テレビをつけて/消して)は機能しません。

Beamは、Fire TVなどのAlexa搭載のビデオストリーミングデバイスとリンクすることができます。リンクすると、「カタストロフィを再生して」、「ESPNにチャンネルをかえて」、「500チャンネルにかえて」などのコマンドで各サービスをコントロールできます。Netflixにログインした場合や、FireTVにHBO NOWを追加した場合、「ストレンジャー・シングスを再生して」、「ゲーム・オブ・スローンズを再生して」など番組名を伝えれば再生できます。

Sonos Beamはどのような音声フォーマットに対応していますか?
Sonos Beamは、PCMステレオとDolby Digitalの音源からオーディオを再生します。

音声が聞こえない]
Beamを設定済みの場合は、BeamがHDMI-ARCポートに接続され、ARCがテレビで有効になっていることを確認してください。テレビ側で自動的に調整されるはずですが、音声が外部スピーカーに出力されるように設定されていることもお確かめください。

テレビの電源を入れた後に音声が開始しない
音声の開始には数秒かかる場合があります。これは正常な動作ですが、15秒以上かかることはありません。