シンフォニスク発売を記念して、SONOS製品を会員様限定特別セールを開催中
Sonos製品のLEDライト

Sonos製品のLEDライト

Sonosの全ての製品には1つまたは複数のLEDランプがあり、プレーヤーのステータスを色の変化もしくは点滅パターンで示します。この記事では、ランプの点灯順序について説明し、問題を解決するための手順を説明します。
下記のリストから、表示されている点灯パターンを選択してください。
Sonos Oneでは、LEDはスピーカーのステータスも示します。
  • 正常作動:薄暗い光
  • 聴いている最中や応答中:明るい白
  • 考え中:白色点滅(薄暗い光と明るい光)

消灯

デフォルト設定では、Sonosの全ての製品は電源を入れた時に正常に機能している場合に、白色点灯するようプログラムされています。
  • 製品がSonosコントローラーに表示されず、白色点灯していない場合、電源が入っていない場合があります。電源ケーブルがプレーヤーにしっかり接続され、コンセントが機能していることを確認してください。
  • 製品が正常に機能しているにもかかわらず、白色点灯していない場合、この機能が無効化されています。Sonosコントローラーアプリの [部屋の設定] の [ステータスランプ] を有効にすることで、この機能のONとOFFを切り替えられます。

白色点灯

デフォルト設定では、Sonosの全ての製品は電源を入れた時に正常に機能している場合に、白色点灯するようプログラムされています。アプリの[部屋の設定] の [ステータスランプ] をクリックすることで、この機能のONとOFFを切り替えられます。
製品がSonosコントローラーに表示されず、白色点灯している場合は、以下の手順に従ってください。
  1. 製品の電源コードを抜き、5秒間待ってから、再度差し込みます。
  2. 製品のランプが白色点灯するまで待ち、Sonosコントローラーに表示されるか確認します。
  3. Sonosコントローラーにまだ表示されていないが、他の製品はコントローラーに正しく表示されている場合、記事の以下の手順に従ってシステムにこの製品を再度追加します。既存のシステムに新しいSonos製品を追加する。それでも製品が表示されない、または、この製品のみお持ちの場合は、カスタマーケアにご連絡ください。

白色点滅

Sonos製品は、電源コードを抜いた後に再起動する際に白色点滅します。プレーヤーを再起動すると、ランプは白色もしくはこの記事で説明したその他の色で点灯します。

緑色点灯

Sonosプレーヤーは、ミュートもしくは音量ゼロです。Sonosアプリもしくはプレーヤーのボタンを使って音量をあげたり、ミュートを解除したりできます。この機能は無効化できません。

緑色点滅

Sonos製品の電源が入っており、設定の準備ができている、または、既存のSonosシステムに追加されています。
  • 今回はじめてSonosシステムを設定する場合、この記事の指示に従います。Sonosの設定方法:スタンダード設定
  • 既にSonosシステムをお持ちの場合、この手順に従います。既存のシステムに新しいSonos製品を追加
製品がSonos SUB、PLAY:1、PLAY:3で、ホームシアター設定の一部である場合、緑の点滅はSUBもしくはサラウンドのオーディオがOFFになっていることを示します。SUBまたはサラウンドのオーディオをONにするには、以下の手順に従ってください。

iOSまたはAndroidデバイスの場合:
[設定]> [部屋の設定]に行き、SUBまたはサラウンドがある部屋をクリックします。その後、[オーディオ詳細]をタップしてから、[サラウンド設定]またま[SUB設定]に進みます。そこからSUBとサラウンドを切り替えることができます。
MacまたはPCをご利用の場合:
Sonos > 環境設定> 部屋の設定(左側)に行き、SUBまたはサラウンドを含む部屋をドロップダウンから選択します。緑色で点滅しているスピーカーの名前のタブをクリックし、SUBまたはサラウンドを切り替えます。

オレンジ色点灯

Sonosプレーヤーを初めて設定する場合:
  • 今回はじめてSonosシステムの設定をする場合、この記事の指示に従います。Sonosの設定方法:スタンダード設定
  • 既にSonosシステムをお持ちの場合、この記事のステップ手順に従います。既存のシステムに新しいSonos製品を追加
プレーヤーが既に設定されており、正しく機能していたが、オレンジ色の点灯が表示されている場合:
プレーヤーが警告モードにあり、過熱の危険の可能性があります。プレーヤーの音量が一定レベル以上に上がらない、または、同時に切れることがあります。製品の電源コードを抜き、冷却できる場所に移動します。40° C 未満の室温で、製品に直射日光が当たらないようにしてください。プレーヤーが冷えるまで数分間待ってから、再度電源に差し込みます。プレーヤーが白色点灯するまで待ち、音楽を再生してみます。これで解決しない場合は、カスタマーケアにご連絡ください。

オレンジ色点滅

このセクションでは、Sonosがオレンジ > 消灯 > オレンジ > 消灯で点滅する場合を説明します。オレンジ > 白 > オレンジ > 白で点滅する場合、下記の「オレンジ色と白の交互点滅」のセクションをご覧ください。
Sonosプレーヤーを初めて設定する場合:
Sonosを初めて設置する時、または既存のシステムにプレーヤーを追加する時は、設定中にプレーヤーの特定のボタンを押すようアプリによって指示されます。ボタンを押すと、プレーヤーはシステムに接続するか、30秒経過してタイムアウトするまでオレンジ色で点滅します。
オレンジ色で点滅するプレーヤーが既に設定済みの場合:
設定済みのプレーヤーが、音楽を再生しようとしたときにオレンジ色で点滅する時は、再生は失敗です。これは、プレーヤー上で再生/一時停止またはミュートボタンを押しても再生する曲がない場合に発生します。
再生待ちの曲があり、オレンジ色の点滅が続く場合は、この記事にある以下の手順に従ってください。オーディオ再生、停止、スキップ

オレンジ色と白色の点滅

注:オレンジ > 白 > オレンジ > 白で点灯していることを確認します。オレンジ > 消灯 > オレンジ > 消灯で点滅する場合、上記の「オレンジ色点滅」のセクションをご覧ください。
SonosプレーヤーまたはSUBのランプがオレンジ色と白色で交互点灯し、音量が自動でミュートになる場合、プレーヤーが故障状態であることを示します。プレーヤー上で再生/一時停止またはミュートボタンを押してオーディオを停止してください。
製品の電源コードを抜き、冷却できる場所に移動します。40° C 未満の室温で、製品に直射日光が当たらないようにしてください。プレーヤーが冷えるまで数分間待ってから、再度電源に差し込みます。プレーヤーが白色点灯するまで待ち、音楽を再生してみます。プレーヤーのオレンジ色と白色の点滅が止まらない、または、プレーヤーで音楽再生ができない場合は、カスタマーケアへご連絡ください。
製品がCONNECT:AMPの場合、他社製品のスピーカーが正しく接続されているか確認します。これで解決しない場合は、カスタマーケアにご連絡ください。

赤色点滅

新しいSonos製品の電源コードを差し込み、その後30分以内にSonosコントローラーアプリを使って設定しない場合、製品のランプが赤色で点滅することがあります。この赤色点滅が起きたら、電源コードを抜き、10秒間待ってから電源コードを再び差し込んで、製品を再起動します。製品が最大1分間白色で点滅し、その後LEDランプが緑色に点滅したら、システムに追加する準備ができました。その他のガイダンスについては、本文書の「緑色点滅」のセクションをご覧ください。
Sonos製品が以前は正しく機能していたが、赤色に点滅し始め、再生しなくなった場合は、カスタマーケアにご連絡ください。

緑色と白色の点滅

ステータスLEDランプが緑色で5秒間隔で点滅する場合、プレーヤーがSonosアカウントに登録されていないことを表します。[設定] > [SpotifyからSonosをコントロール]に移動し、アカウントにプレーヤーを登録した後、画面の指示に従います。

赤色と白色の点滅

ステータスLEDが赤色と白色で点滅するプレーヤーは、アップデート中にパーティショニングに失敗しています。プレーヤーがこの状態の場合、電源を切って10秒間待ってから再び電源を入れます。プレーヤーが起動したら、アップデートを再試行します。
プレーヤーの再起動で解決しない場合は、カスタマーケアにご連絡ください。