Sonos Beamのご紹介 – テレビにも音楽にも使える、世界で最も多用途なスマートスピーカー

サンフランシスコ – 2018年6月6日 – 大手テック企業が建ち並ぶサンタバーバラに本社を置くSonosは、リビングや寝室などで優れたサウンドのストリーミングコンテンツを再生する、革新的なスマートスピーカー「Sonos Beam」

部屋中を素晴らしいサウンドで満たすコンパクトなスマートサウンドバーが、7月17日より399ドルで発売開始。Apple AirPlay 2にも7月中に対応予定。

サンフランシスコ – 2018年6月6日 – 大手テック企業が建ち並ぶサンタバーバラに本社を置くSonosは、リビングや寝室などで優れたサウンドのストリーミングコンテンツを再生する、革新的なスマートスピーカー「Sonos Beam」を本日発表いたしました。映画やテレビ番組から音楽、ポッドキャストまで、あらゆるコンテンツを豊かなサウンドでシンプルにお楽しみいただくという目標のもと、Sonos Beamは80以上の音楽サービスや複数の音声操作、Apple AirPlay 2に対応しています。販売価格399ドルのSonos Beamは、7月17日より世界各国で発送を開始いたします。また、本日よりwww.sonos.comで先行予約を開始いたします。

 

Beamは他のSonosスピーカーと同様、Sonosホームサウンドシステムの一部です。Sonos Oneを2台追加してサラウンドサウンドを楽しんだり、SUBでより重厚なベース音を加えたり、お持ちのSonosマルチルームスピーカーとBeamを接続したりすることも可能です。また、音声操作、Sonosのアプリ、TuneIn、Apple Music、Spotify、Amazon Music Unlimitedなどのサードパーティーアプリ、テレビのリモコン、Sonos認定パートナーによるスマートホーム機器(壁スイッチやリモコンなど)を使ってBeamをコントロールすることもできます。

 

Beamは、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドではAmazon Alexaを搭載しており、フランスでも近日対応開始となります。今後は他の音声アシスタントにも世界各国で対応していく予定で、特定のストリーミングボックスやサービスを契約する必要はありません。

「スマートスピーカーには、無駄なテクノロジー機能、粗悪な音質のもの、隠された意図を含むものがますます増えています。BeamはこのようなスピーカーとSonosが一線を画すものであることを示す良い見本といえます」SonosのCEO、パトリック・スペンスは述べています。「Sonosでは、オープンアプローチ、こだわりのデザイン、クオリティの追求、そして使いやすく、使うほど良さを実感できるシステムを作るというコミットメントに日々取り組んでいます。私たちは、世界最高で最も多用途なスマートスピーカーを生み出すことができたと考えています。」

Sonos Beamは世界一流の音響エンジニアのチームと、映画、音楽、テレビ業界における優れたサウンド専門家の協力によって調整されました。その結果、アーティストの作品を忠実に再現し、この上ないサウンド体験を提供する製品となっています。Beamはこのサイズのスピーカーとしては驚くほど幅広いサウンドステージを再現します。カスタムメイドされた4つの楕円型フルレンジウーファーに、ディープで暖かみのあるベース音と優れた中音域を作り出す3つのパッシブラジエーター、そして会話が鮮明に聞き取れるようにするためのツイーターが1つ内蔵されています。

Sonos Beam製品情報:

  • 目立たず、コンパクトサイズのBeamは、キャビネットの上や壁掛けのテレビの下にも設置できる多用途性が特徴。幅わずか65cmの本体は家具の上に収まりやすく、テレビの邪魔になったり、設置したエリアが乱雑に見えることもありません。
  • 音楽コンテンツ、ホームシアターコンテンツともに、高度な雑音抑制やマルチチャンネルのエコー除去に使用される、5つの遠距離対応マイクロホンアレイを内臓。
  • 電源、イーサネット、HDMI-ARCの3つのポート付き。
  • BeamをテレビのHDMI-ARCポートに接続するにはHDMIケーブルを使用。テレビがHDMI-ARCに対応していない場合は、同梱の光オーディオアダプターを使用してテレビの光ポートへ接続してください。
  • ブラックとホワイトのファブリックにマットな仕上げ。
  • Alexa対応のAmazon Fire TVデバイスを追加すれば、お気に入りのストリーミングサービスから映画や番組を再生したり、音量調節などもすべて音声で操作することができます。

Sonosは7月中にAirPlayに対応 7月に行われる無料のソフトウェアアップデートにより、SonosはAirPlay 2に対応します。AirPlay 2を利用すれば、iOSデバイスから音楽やポッドッキャストを直接Sonosのスピーカーで再生できます。これには、新発売のSonos Beam、Sonos One、Playbase、第2世代Play:5.Sonosスピーカーが含まれます。さらに、対応スピーカーが1つあれば、AirPlayのコンテンツをシステム内の他のSonosスピーカーでストリーミングすることも可能です。SonosでApple AirPlay 2をお使いの場合、Siriの追加により新たな音声体験をご利用いただけます。iOSデバイスを使ってApple Music上のお好きな曲、アルバム、プレイリストをSonosで再生するようSiriにお願いできます。

Sonosについて Sonosはマルチルームのワイヤレス スマートホームサウンドシステムをリードする企業です。マルチルーム ワイヤレス ホームオーディオを2002年に開発したSonosは、お好みのコンテンツにアクセスし、聴く人それぞれの方法でコントロールできるようにすることで、より良い音楽体験をもたらしています。この上ない音楽視聴体験と、家具に調和するこだわりのデザイン性、使いやすさ、プラットフォームにとらわれないサービスで知られるSonosは、誰もが幅広いサウンドカルチャーを楽しめるような製品をお届けしています。大手テック企業の従来の考え方にとらわれず、クリエイティビティ、カルチャー、イノベーションを融合させたSonosは、カリフォルニア州サンタバーバラに本社を置いています。詳細はwww.sonos.comをご覧ください。

j